通信講座『子育て中のお母さんのための、90日で改善する夫婦のコミュニケーション講座』 お申込みページ

昨年開催しましてご好評をいただきましたので、
第2期を開催します。

早期価格でのお申し込みは、
2月15日(水)23時59分まで!

 

通信講座『子育て中のお母さんのための、90日で改善する夫婦のコミュニケーション講座』 お申込みページ

 

<夫婦のコミュニケーションが良いとお母さんが感じる>と、お子様の心と体と能力が良くなります。

だから、ご夫婦のコミュニケーションを良くすることをお勧めします。

でも、アンケートの結果、夫婦のコミュニケーションについて、このような悩みをお持ちの方がいらっしゃることがわかりました。

あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 夫の言動にイライラする
  • 何も言わないと手伝ってくれない
  • 言ったことをやってくれない
  • 言ったことが伝わらない
  • 話をすると責められている気がする
  • 相談しても否定される
  • 会話が無い
  • 話し合いたいのに相談できない
  • 良いたことを言えない
  • 言いたいことを我慢してしまう
  • お願いをしたいのにできない
  • 私ばかり努力している気がする
  • そもそも、どうコミュニケーションをしてよいかわからない
  • 夫にやさしくすれば良いとわかっているけれども、する気にならない

私も悩んでいました・・・・

実は、私も、夫婦のコミュニケーションの悩みを抱えていた時期がありました。

  • 書いた離婚届は2枚
  • 夫がパンチをして穴の開いた壁2か所
  • 壊れた石油ストーブ1台

など・・・。

それでも、「この人と幸せになりたい!」と思い、学び&実践を繰り返しました。

そして、夫婦のコミュニケーションは激変しました!

夫婦のコミュニケーション<改善前><改善後>

そこで、私は、10年以上前から、子育て中のお母様の夫婦のコミュニケーションのお悩みに、アドバイスを行ってきました。

その結果、夫婦のコミュニケーションが良くなるためには、いくつかのコツがあることがわかりました。

夫婦のコミュニケーションが悪い人は、夫婦のコミュニケーションが悪い<心>と<方法>と<行動>をしています。

夫婦のコミュニケーションが良い人は、夫婦のコミュニケーションが良い<心>と<方法>と<行動>をしています。

実際に、夫婦のコミュニケーションが良くなったと感じている人の、<改善前><改善後>を紹介します。

●接する時間は変わらないにもかかわらず夫婦間の殺伐とした空気が変わっていきました。
<改善前>
私達夫婦は、仕事の時間や休みが大きく異なるため、食事を一緒に取ることが難しく、必要な会話や困りごとの相談、家事のお願いがあってもなかなか時間が取れずにいました。娘が産まれてからさらに状況は悪化し、コミュニケーション不足から夫婦の関係も悪化していました。

<改善後>
山口さんにメール相談をしてアドバイスを実践しました。 (何をしたかの詳細は、講座で紹介するので省略しますね) すると、ほとんど接する時間は変わらないにもかかわらず夫婦間の殺伐とした空気が変わっていきました。

 

●主人から大切にされていると感じることが増えました
<改善前>
主人が子どもに対して怒鳴ったり、自分でやらせればいいと言ったりしていました。私は怒鳴ったりされるのは自分も嫌だし、できる事でも甘えているだけだからやってあげてもいいと感じていました。なので、子どもの事を主人に言われることが嫌でしたし、できるだけ避けたいと思っていました。主人の眼を避けて私のしたいようにすればいいと無意識に思っていたと思います。

<改善後>
主人が子どもたちに怒鳴る回数が格段に減りました。子どもたちが主人にしてほしいことや、遊んでほしいことなどをリクエストすることが増えました。主人に対する感謝の気持ちが増えました。私たちの事を気遣ってくれている事が分かるようになりました。主人から大切にされていると感じることが増えました。子ども達のリクエストや、自分のリクエストを素直に言えるようになりました。

 

●主人との関係が良くなり、自分の気持ちがとっても楽になりました
<改善前>
気に食わない態度た意見が合わない時はお互いに大声できつい口調になったり、叩いたり押したりのケンカになることもありました。長男ができてケンカは減りました。でも主人に対して怒らせないように気を使ったり我慢する事、嘘をつくことが増えていきました。私が家を留守にすると主人は機嫌が悪くなりました。態度で示し合うだけで、本当の気持ちを言葉で伝えるコミュニケーションはとれていませんでした。

<改善後>
主人を大切に思うからこその行動が増えました。
(何をしたかの詳細は、講座で紹介するので省略しますね)
すると、主人も優しい言葉、態度が増えて、よく冗談を言って笑うようにもなりました。なので、私のしたいことの相談がしやすくなりました。私のリクエストも叶えようと協力的です。主人の休みの日に、私が役員の仕事で半日留守にして帰ったら、主人が「お疲れ様」の一言を言ってくれます。主人との関係が良くなり、自分の気持ちがとっても楽になりました。

このように、学び・実践すると、夫婦のコミュニケーションに大きな変化が起きます。

素敵ですよね~♪

 

ご夫婦のコミュニケーションをもっと良くしたいと思うあなたへ

そこで、夫婦のコミュニケーションが良い人の<心><方法><行動>を学び・実践する、講座を開講することにしました。

通信講座『子育て中のお母さんのための、90日で改善する夫婦のコミュニケーション講座』です。

自宅で学び、自宅でワークと実践を行う、通信講座です。
通信講座の期間は3月1日より5月31日までの約90日間です。

ワークブックと音声CDを次のスケジュールでお届けします。
2月末日までにワークブック1冊とCD1枚、
3月末日までにワークブック1冊とCD1枚
4月末日までにワークブック2冊とCD2枚

ワークブックを見て音声CDを聞いて、考えたり書いたり行動したりするだけです。

オンライン版はワークブックと音声をダウンロードしていただきます。

簡単でしょう☆

★通信講座のメリット

  • 通信講座は交通費や宿泊費がかかりません。
  • 掲示板で受講者同士が交流でますので協働的な学びができます。
  • あと何十年も続くご主人と一緒の時間もっと快適に過ごせます。
  • 親子で自己肯定感を育めます。
  • 身につけたスキルは一生物ですしお子さんたちに伝えることも可能です。
通信講座
『子育て中のお母さんのための、90日で改善する
夫婦のコミュニケーション講座』
通信講座『子育て中のお母さんのための、90日で改善する夫婦のコミュニケーション講座』をわかりやすく説明します

 

通信講座
『子育て中のお母さんのための、90日で改善する
夫婦のコミュニケーション講座』【特典】
実は、今回の講座は、アクティブラーニングを体験していただこうと考えています。

日本では、2020年に大学入試の大きな改革があります。

今の高校1年生以下がその改革に該当します。

そのため、小学校・中学校・高校の学習指導要領も大きく変わります。

そのポイントになるのが、「アクティブラーニング」です。

これは「課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学び」です。

それを、通信講座『子育て中のお母さんのための、90日で改善する夫婦のコミュニケーション講座』で行います。

しかも、自宅に居ながらアクティブラーニングです。

「課題の発見・解決に向けた主体的学び」は「ワークブックと音声を使って考えたり書いたりすること」と「考えたことを実践すること」で行います。

「協働的な学び」は、<ペンネームを使ったネット上の掲示板>で行います。

  • 考えたり、書いたり、行動したりした結果を書きたい人は書く。
  • 質問がある人は掲示板で質問をする。
そうすると・・・

  • 書いた人は、書くために考えたり振り返ったりすることで学べます。
  • 見た人は、疑問を解消できたり気付いたり仲間がいる安心感を感じたりして、ワークに取り組んで学ぶことができます。
  • 子育て中という同じような環境で、夫婦のコミュニケーションを良くしたいという目的を持った人達の掲示板ですので、荒れる心配はほぼ0(ゼロ)です。
  • ペンネームですので、個人情報は守られますので安心して参加できます。
親の言うことを子どもは聞きませんが、親のすることはよく見ていて真似をします。
親が、「課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学び」である、アクティブラーニングをすることで、子ども達は、「課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学び」を当たり前と思うようになると思います。
その上、夫婦のコミュニケーションが改善されたら、素晴らしいですよね☆

 

掲示板入り口

<第2期>

 

通信講座
『子育て中のお母さんのための、90日で改善する
夫婦のコミュニケーション講座』【代金】
代金については迷いました。

講座は90日間です。

1日1000円(税別)×90日間=90,000円(税別)です。

2月15日(水)23時59分までにお申し込みの方は

早期お申し込み価格、39,900円です。

この金額と90日で、ご夫婦のコミュニケーションが、一生、良くなるとすれば、高いでしょうか?安いでしょうか?

もし、夫婦のコミュニケーションをもっと良くしたいと思う人は、よろしければ、受講なさってくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

あと何年でしょうか?

さて、これは、何の年数だと思いますか?

30才は51.46年。

35才は46.62年。

40才は41.80年。

45才は37.05年。

平成27年厚生労働省発表の男性の年齢ごとの平均余命(よめい)です。

<ご参考>
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life15/

平均余命とは、その年齢の人が平均してあと何年生きるかという統計値です。

平均寿命とは、0歳の平均余命です。

つまり、30才の男性は平均してあと51.46年、35才は46.62年、40才は41.80年、45才は37.05年、生きるという統計値です。

余談ですが、女性は、これにプラス数年長生きです(微笑)

今、あなたのご主人の年齢は何歳ですか?

そうすると、あと何年、ご主人と一緒に過ごすことになりますか?

 

夫婦仲の自己評価が100点になりたいあなたへ

では、あなたはあなたのご夫婦の仲を100点満点で何点だと思いますか?

夫婦仲が100点満点の人は、これ以降は読まなくても大丈夫です☆

さて、あなたのお子さんは自己肯定感のある人に育って欲しいですか?

自分を肯定し、自信を持って行動する人を、自己肯定感のある人と言います。

自己肯定感があると、目標に向かって毎日イキイキと過ごすことができます。

 

「自分や今に向き合って一生懸命に今という時間を生きると面白くなってくる!」こういう時間を過ごしていることを、<自己肯定感>というのではないでしょうか。

 

そして、親が「自分や今に向き合って一生懸命に今という時間を生きる」と、子どもも「自分や今に向き合って一生懸命に今という時間を生きる」人になる。

つまり、親子で自己肯定感がある人になりますよね♪

 

そのためには、夫婦仲を100点に感じることが必要ではないでしょうか。

自分で決めた一生一緒に暮らす人との仲を、自己評価した時に、100点というのは、自分を肯定している、「自分や今に向き合って一生懸命に今という時間を生きる」ということだからです。

お父さんとお母さんの仲が良いのは、子どもにとって最高の家庭環境ですし、自己肯定感も育まれます。

素敵だと思いませんか。

もし、お子さんにとって最高の家庭環境を作りたい、お子さんの自己肯定感を育みたいと思われるのでしたら、「夫婦仲の自己評価が100点」になるように、今に向き合ってみてください。