妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

絵本の効果は

絵本を読むと子どもに「聞く力」が付きます。

読解力には3つの段階があります。

「聞く力」「読む力」「理解する力」

そして、
「聞く力が」つくから「読む力」がつき、
「読む力」がつくから、「理解」する力が付きます。

つまり、
「聞く力」<「読む力」<「理解する力」
となります。

聞く力がないのに、
塾や通信教育で理解する力だけを引き上げようとすると、
無理が出てきます。

最初に行うのは「聞く力」をつけることです。

だから、赤ちゃんの時から絵本を親が読むことは必要です。

そして、自分で読めるようになっても、
親が絵本を読むことは大切なのです。

そうすることで、
小学校・中学校・高校などで、
授業を聞く力、教科書や問題を読む力、
学んだことを理解する力がつくのです。

絵本の成果は、すぐではなく、
学校に入ったあとに出ることが多いのです。

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。