妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

ご感想その5

『私が約10年間、小学校教員をしてきて、”小学校に入るまでが、小学校に入ってからよりも大切な時期なのではないか。”と感じていたので、山口さんから教えていただいた子育ての方法を学んで、わが子に実践して本当にそのとおりだと思いました』

  • 【お名前】トトロさん
  • 【ご職業】小学校教員
  • 【お子さんの月齢と性別】
     3歳9ヶ月の女の子/1歳6ヶ月の男の子
  • 【お住まい】大阪府

小学校の教員をしていた私は、自分の子育てはもちろんうまくできると思っていました。

教室で子ども達と一緒に過ごすときのように、笑顔で楽しく、歌ったり、遊んだり、学んだりできると思っていました。

しかし、実際は違いました。人の子どもと自分の子どもではまったく違うのです。どうして、わが子に対してこんなにイライラしてしまうのだろう・・・もっと楽しく育児をする方法はないかしら?と思っていたときに、「楽しい子育て」のHPに出会いました。

山口さんの言葉を読み進めるうちに、自分が思っていた理想の育児ができるヒントを教えていただけると思い、「基本編」のテキストを購入しました。

まさに!私が知りたかったことがここにありました。続いて「応用編」と「丈夫な体と優しい心をもったお子様に育てる方法」を購入しました。

内容は、どの家庭でも実践できることが具体的に掲載されていて、さっそく取り組むことができました。

あれから3年が経ちますが、娘は絵本が大好きで、お話が上手で、運動も得意な子に成長しています。

そして、驚くべきことは、歌がとっても上手なことです。

先日は、寝言で英語の歌をうたっていました。私が歌って教えたのではなく、かけていたCDの曲でした。

先日、家族で市民プールにでかけて遊んでいると、隣で水泳教室を指導されていた先生が、娘の泳ぎを見て、私に「お子さんは何歳ですか?」と聞きました。

「3歳半です。」と答えると、「3歳半で潜水ができるなんて大変上手ですね。」とおっしゃいました。

先生は、続けて、「どこかで習っているのですか?」とお聞きになりましたが、私は、「ここの教室に通わせたかったのですが、4歳からの教室なのでお断りされました。」と笑顔で答えました。

すると、プールの帰り、受付けの前を通った時に、さっきの先生が再び声をかけてくださって、特別に水泳教室の受講を許可して下るということでした。

その後主人と相談して、せっかくの機会なので、夏休みのあいだだけ水泳教室に通うことにしました。

私が約10年間、小学校教員をしてきて、“小学校に入るまでが、小学校に入ってからよりも大切な時期なのではないか。”と感じていたので、山口さんから教えていただいた子育ての方法を学んで、わが子に実践して本当にそのとおりだと思いました。

なにげなく過ごす幼児期ではなく、意識して取り組んできた幼児期は本当に充実していると思います。

また、物と情報があふれるこの時代、必要なものと必要でない物をはっきりと提示して下さったことに感謝しています。
余計な物を買ったり、部屋に置いたりすることがなくなり、いつもすっきりしています。

ご購入を検討されている方に。「今の状況をもっと良くしたい」と思っている方はぜひオススメいたします。

きっと、数ヶ月後には笑顔で楽しい育児をしていることでしょう。

無料レポートプレゼント

 名

Eメール

  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。