妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

絵本を読む大切さとは

子どもに絵本を読むのは大切と知っている方は多いようです。

では、絵本を読む大切さとは、
どのようなことなのでしょうか?

もちろん、いろいろあります。

「肯定的に物事を受け取れる」
ということが特に大切と私は思います。

つまり、
「良かった探しの名人」になるということです。

日常会話やニュースでは、
暗い気持ちになる言葉があふれています。

そして、
「○○してはダメ」や
「○○しないように」など、
「じゃあどうすればいいの?」と思うような、
制限や禁止の言葉も溢れています。

例えば学校の張り紙
「おしゃべり【しない】ように」
「廊下は【走らない】ように」
「忘れ物を【しない】ように」など・・・。

「静かにしましょう」
「廊下は歩きましょう」
「時間割を確認しましょう」
と伝えた方が、言っていることをしっかり守るような気がしませんか?

絵本は、
言葉と絵で、
私達大人や子どもたちに、
明るい気持ちをもたらしてくれます。

絵本をたくさん読んで、
親子で、
「良かった探しの名人」になりたいですよね☆

胎児や生まれたばかりの赤ちゃんや乳幼児期に、
絵本をたくさん読むことは大切です。

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。