妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

子どものIQを上げるカレンダーの選び方

新年になり、新しいカレンダーを飾った方は多いのではないでしょうか。

カレンダーは、意識して見る場合もあるのですが、
無意識に目に入ることも多いですよね。

実は、無意識で目に入るものこそ、
人の脳や心に大きな影響を及ぼします。

なぜなら、顕在意識は5%の影響ですが、
潜在意識は95%も人の脳や心に影響を与えるからです。

だから、カレンダーは、目的を明確にして選びたいものの1つです。

私の家庭では、何年も同じシリーズのカレンダーを購入しています。

本日は、私の家庭の今年のカレンダーを3つ、紹介します。

トイレの壁には、
『2016年版(平成28年)太陽・月・星のこよみ』を飾っています。

2016/ 1/ 3 16:15

『太陽・月・星のこよみ』カレンダーは、
表の上半分は宇宙に関する美しい写真。

表の下半分はカレンダーです。

カレンダーの部分は、
「六曜」「月の満ち欠け」「暦」「宇宙に関する一言コラム」が記載されています。

裏面は、
「今月の星空」
「観測ガイド」
「天象ハイライト」
「地球環境を考える」
「宇宙の詩」
「全国のおもな港の満ち潮と引き潮一覧」
などが掲載されています。

私の家庭では、トイレに、
表面と裏面を張っています。
11年目になりました。

このカレンダーを飾っておくことで、
親子で宇宙や天体に興味を持つことができます。

さらに、娘たちが学校で天体について学んだ時に、
トイレのカレンダーの知識を思い出し、
星座や流星群など、天体に関する話を、
娘たちの方からしてくれる機会があります。

1つで良い影響をたくさんもたらしてくれるカレンダーです。
もう1つトイレに置いているのは、
『ことわざ2カ月日めくり』

ことわざ2カ月日めくり
小学5年生の次女の中学受験を考えた時に購入しました。

1日1つのことわざと意味が書かれています。

2カ月で1周となります。

2カ月ごとに見ることで、ことわざと意味が身に付きます。

次女は、中学受験をしないことに決めましたが、
ことわざ日めくりを毎日めくるのは、
次女の役目になりました。

すると、日常会話にも「ことわざ」が入るようになりました。
そして、娘たちの部屋に飾っているカレンダーは、
『世界で一番美しい元素図鑑カレンダー2016(壁掛けタイプ)』です。

『世界で一番美しい元素図鑑カレンダー2016(壁掛けタイプ)』

化学大好きの高校1年生の長女が選びました。

1月の元素は「ヒ素!」

ヒ素の写真とそれに関することが書かれています。
どのようなものに囲まれて生活をしてるかによって、
私達の脳や心は大きな影響を受けます。

カレンダーは、毎日目にする物の1つです。

だから、カレンダー選びはとても重要だと実感しています。

このように、家の中の環境や習慣や過ごし方などによって、
子どもの知識や学ぶ意欲は自然に育まれます。

家庭環境や習慣や過ごし方などが「かけ算され」、
その人の興味関心の方向や知識や知能(IQ)などが結果として現れるようです。

▼子どものIQを上げる環境作りのヒントをたくさん紹介しています。
・「育児子育てに314倍成功する方法」(IQ編)
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/314iq/

■無料メールマガジン【週1回配信】
・育児に成功する「楽しい子育て絵本講座」
http://www.mag2.com/m/0000135154.htm

・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。