妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『ロージーのおさんぽ』,パット=ハッチンス(著) ,わたなべ しげお(翻)

ロージーのおさんぽ
  • 作:パット=ハッチンス
  • 訳:わたなべ しげお

空気を読む力・集中力・観察力をつける絵本

あなたは、お子さんへ次の3つの力をつけて欲しいと思いますか?

1.「空気を読む力」
2.「集中力」
3.「観察力」

この3つの力があると、
学力向上はもちろん、
学校生活を楽しんだり、
コミュニケーションがスムーズになったり、
仕事のスキルが上がったりなど、
豊かな人生を過ごすために必要な力でもありますよね!

もし、この3つの力をつけて欲しいと願うのでしたら、
この絵本を何回も読んであげることをお勧めします。

『ロージーのおさんぽ』あらすじ

何も知らず散歩を楽しむめんどりと、
あとを追うきつねが織りなす、
スリルあるドラマを“絵で語る”異色の絵本。

ほとんど文章がなく、
絵を見て理解するような本です。

<アマゾン>(内容)より

子育てワンポイントアドバイス

「その場の雰囲気を察して空気を読むこと」
「1つのことに集中すること」
「しっかりと観察すること」

これらの力があると、
勉強もできるようになる可能性は高くなりますし、
人生を豊かに過ごせる可能性も高くなりますよね。

実は、この3つの力をつけるためには、
「たった1つのことができるだけでO.K」なのです。

では、
「たった1つのこと」とは、何だと思いますか?



それは、「よく見ること」です。

「場の雰囲気を察するため」には、
「場をよく見ること」

「集中するため」には、
「1つの物をよく見ること」

「観察するため」には、
「対象としている物をよく見ること」

つまり、
「よく見ること」が必要なのです。

この絵本には、
全てのページに狐が登場するのですが、
狐に触れる文章は全くありません。

めんどりのロージーの行動だけが
短い文章で語られているだけです。

しかし、
この絵本を読んでもらった人は、
「絵を読む」ので、
狐の行動をよく見ることができるのです。

そのため、この絵本を何度も読んでもらって育った子どもは、
「よく見る習慣」がつきます。

余談ですが、
私はこの絵本から、「自分が集中すると、
マイナスの点は存在しなくなる」ことを感じました。

なぜならば、ロージーはお散歩に集中していたので、
狐の存在はロージーにはわからない。

つまり、ロージーとって、狐は存在していないのです。

そう考えると、「大人にも学びの多い絵本と言える」と思います。

この絵本は次の3人にお勧めします。

1.「空気を読む力・集中力・観察力」を子どもにつけて欲しい、親御さん。

2.「空気を読む力・集中力・観察力」を自分がつけたいと思っている人。

3.「安心して目標達成したい」と思っている人。

————————————————-
『ロージーのおさんぽ』
パット=ハッチンス 作
わたなべ しげお 訳

偕成社

<アマゾン>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4032022100/ikuji04-22/

<楽天>
http://goo.gl/3YtNfw

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。