妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『ママがおこるとかなしいの』,せがわ ふみこ(著) ,モチヅキ マリ(絵)

ママがおこるとかなしいの表紙
  • 作:せがわ ふみこ
  • イラスト:モチヅキ マリ

【子どもの心の声を聞く魔法の耳!】

親になると忘れていませんか?
子どもの頃の気持ち・・・。

解決して欲しいわけじゃない!
悲しさや悔しさに寄り添って欲しかっただけ・・・。
「頑張ったね」って励ましてほしかっただけ・・・。
「そうだったんだ・・・」って聞いて欲しかっただけ・・。

「良い」か「悪い」かで、子育てをしていませんか?
あなたが子どもの頃に、
親からして欲しかったことをすれば、
子どもはすくすくと成長していけるはず!
と私は実感しています。
━━━━━━━━━
●○本日の絵本○●
『ママがおこるとかなしいの』
せがわ ふみこ 作
モチヅキ マリ 絵
金の星社
<アマゾン>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4323070802/ikuji04-22/
<楽天ブックス>
http://bit.ly/1bHtM48
━━━━━━━━━

あらすじ

「どうせいじわるをしたんでしょう。
はやくあやまっちゃいなさい」
仲良しのたっくんと喧嘩したメグちゃんに、
ママは言いました。

「他のお友達と遊んだら?」
パパは言いました。

「仕返しすればいいんだよ」
お兄ちゃんは言いました。

どれもメグちゃんの気持ちとは違っています。
でも、おばあちゃんの言葉は、
メグちゃんの気持ちにピッタリと当てはまりました。

おばあちゃんの耳は【魔法の耳】だとメグちゃんは思いました。
「パパやママも魔法の耳を持っている」

とおばあちゃんから聞きました。
そして、
魔法の耳を持っているということを思い出させることができる方法を、
おばあちゃんから教わったメグちゃんは、
早速やってみました。
その結果・・・・・・???

子育てワンポイントアドバイス

幼稚園・保育園・小学校と子どもが成長するにしたがって、

「子どものためを思ってアドバイスをしているのに聞いてくれない・・・」
「子どもが反抗的!」
「いったいどうしたらいいのかしら・・」

と思うことが増えるかもしれません。
あなたはいかがでしょうか?
そう思うのは、あなたが一生懸命な証です♪

「親だから完璧な答えを教えたい」

と思っていませんか?
お子さんは、あなたが大好きだから、
きっと分かり合えます。

そのために大切なことは、

子ども話をまずはしっかり聴くことです。
口は1つで耳が2つなのは、
話すことの2倍聴くことが必要だからです。

そして、
「聴く」という字は、
「【耳】と【目】と【心】を【十】分、相手に向ける」
と書きます。
「【耳】と【目】と【心】を【十】分、
お子さんに向ける」と、

あなたのも『魔法の耳』を持つことができます♪
この絵本を読むことで、
もっとそのことに気付けます。

この絵本の良い点は、
『魔法の耳』を親に気付かせることのほかにもう一つあります。

子どもに対して、
「心の奥の奥にある気持ちを正直に話してごらん」
と伝えていることです。

「心の奥」ではなく、「心の奥の奥」というのもポイントですよね!
この絵本を読むことで、
子どもは、『気持ちを正直に話すことの大切さ』を学びます。
親は、『魔法の耳』に気付きます。
是非、お読みくださいね☆
————————————————-

『ママがおこるとかなしいの』
せがわ ふみこ 作
モチヅキ マリ 絵
金の星社

<アマゾン>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4323070802/ikuji04-22/
<楽天ブックス>
http://bit.ly/1bHtM48

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。