妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『でも、わたし生きていくわ』,コレット ニース=マズール,Colette Nys‐Mazure(著) ,柳田 邦男(翻) ,エステル メーンス,Estelle Meens(絵)

でも、わたし生きていくわ表紙
  • 作:コレット ニース=マズール,Colette Nys‐Mazure
  • 訳:柳田 邦男
  • イラスト:エステル メーンス,Estelle Meens

【生きる力が芽生える】絵本

こんにちは、子育て絵本アドバイザーの山口理加です。

タイトルのはじめの文字が、
あいうえお かきくけこ と順番に紹介をさせていただいています。

今回は【て】で始まる絵本を紹介します。

優しさを表すつもりで伝えたことが、
自分や相手にとってマイナスを引き寄せてしまうことがあるのを、
あなたは知っていますか?

そのひとつに「可哀そう」があります。

この言葉を言うと、
言った人も言われた人もマイナスの気持ちを感じてしまいます。

なぜならば、
「可哀そう」の意味は、「気の毒」だからです。

そして、
「気の毒」は
「自分の気持ちや心にとって毒になる」が語源です。

だから、
「可哀そう」と言うと、
「私の気持ちや心に毒になっていますよ」
と無意識に相手へメッセージを送っていることになるかもしれません。

生きていると、不幸に感じる出来事が起きることがあります。

例えば、子どものころに両親が死んでしまうなど・・・。

でも、不幸を感じていても、誰かに温かく接してもらったり支えてもらうと、
前を向いて歩けるようになります。

私は、8歳の時に父を亡くした経験から、
そのように感じます。

『でも、わたし生きているわ』の絵本は、
両親を事故で失くした3人きょうだいの長女、ネリ─が主人公です。

3人のきょうだいは、親戚にばらばらに引き取られます。

そして、引き取られた先で、愛情を受けて暮らしていきます。

定期的にきょうだいそろって過ごすこともできます。

大人に「孤児(みなしご)」と呼ばれることがあったり、
両親が生きていた時のことを思い出して悲しくなったりすることもあります。

でも、幸せも感じています。

そして、大人になった時の夢も語っています。

この絵本は、幼い時に相次いで両親を亡くした作者自身の体験を元に、
創作されたお話です。

大人が読むと、
愛をもって温かく接することや支えるということを知ることができます。

子どもが読むと、
生きる力が芽生えます。

訳者の柳田国男さんは、
「つらい思いをかかえる子たち、自分を肯定できない子たち、
孤独に悩む子たちに、この絵本を届けたい」
と帯で伝えています。

親子で読むことで、
自分を肯定的にとらえたり、
生きる力が芽生えたりします。

————————————————-
■『でも、わたし生きていくわ』■

コレット・ニース=マズール 作
エステル・メーン 絵
柳田国男 訳
文渓堂
2009年11月発行

<アマゾンで購入したい方>(4点在庫あり)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4894236524/ikuji04-22/

<楽天ブックスで購入したい方>(5点在庫あり)
http://bit.ly/T3Bcp4

在庫は2012年10月4日午後1時現在

————————————————-
厚生労働省の発表によると、
2011年10月31日の時点で
東日本大震災の震災孤児(両親共に死亡または行方不明の子ども)は240人、
震災遺児(両親のどちらかが死亡または行方不明の子ども)は1327人に上るそうです。

そうした孤児達を支える為の義援金窓口が、行政等で設けられています。

多くは親戚等に身を寄せているものの、
祖父母など高齢の家族が引き取っているケースや、
引き受け先自体が被災者であるケースも多いといわれており、
子供たちが成長するまでの長期に渡る支援が必要とされています。

震災で親を失った子供達の為の寄付金窓口をご紹介します。

東日本大震災による震災孤児等支援のための寄附口座
「東日本大震災みやぎこども育英募金」(宮城県公式HP)
http://www.pref.miyagi.jp/kosodate/01kosodate/kihukouza/kihukouza.htm

相馬市震災孤児等支援金受け付け(福島県相馬市公式HP)
http://www.city.soma.fukushima.jp/0311_jishin/gienkin/tunami_orphan_J.html

上記のHPにも記載されていますが、
寄付金は、寄付控除の対象になる場合があるようです。

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。