妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『きょうはなんのひ?』,瀬田 貞二(著) ,林 明子(絵)

きょうはなんのひ?表紙
  • 作:瀬田 貞二
  • イラスト:林 明子

【子どもの脳と心の発達を促す】絵本

◆「頭のよしあしは、遺伝ではなく、環境で決まる!」

◆「行事、誕生日など、節目を大切にする行為は、
子どもの脳にいい影響を与える」

これは、
『最新脳科学者が証言する!0歳から始める教育の本 頭がよくなる3歳までの衣食住』
に掲載されていた内容です。

私の長女が脳に障害を持って生まれ、
その後、脳の障害がなくなったことをHPなどで紹介していることもあり、
発達の遅れを指摘されたお子さんや
就学前検診を受けたお子さんなどのお母さんへ、
楽しい子育て実践会を通じて、
メールや電話でアドバイスをさせていただいています。

そのアドバイスでは、
文字や数字を教えたり書かせたりすることなどは一切行っていません。

なぜならば、乳幼児期の発達を育むために、
これは関係ないからです。

関係ないというよりも、
これらを行うことで、
発達を妨害することを実感しているからです。

では、どのようなアドバイスをおこなっているかと言いますと、
日常の過ごし方、
食生活、
おもちゃの内容、
遊びの内容、
家庭環境、
親との会話
などを詳しく伺い、
改善点を紹介しています。

なぜならば、
人の現在の状況は、
これまでの積み重ねの結果だからです。

そのため、未来を変えたいのであれば、
今の状況を変えることが必要です。

それは、
無意識や良いと思っている行動のすべてを見直し、
理想の未来にふさわしい行動を続け、
理想の未来にそぐわない行動をやめ、
理想の未来に近づく行動を選んで実行することです。

そして、
それは、ある人にとっては当たり前のことかもしれませんし、
ある人にとっては目から鱗の情報かもしれません。

また、子どもの心の発達を促すために、
「夫婦の仲が良い」というのは、とても大切です。

行事、誕生日など、節目を大切にする行為は、
子どもの脳にいい影響を与え、
夫婦の仲が良いことが、子どもの心の発達を促すのであれば、
「【結婚記念日を祝う】というのは、
子どもの脳と心の両方にいい影響をもたらす」のではないでしょうか?

本日紹介します絵本、
『きょうはなんのひ?』
は、主人公のまみこちゃんが、
おうちのいろいろな場所にお手紙をおいて学校へ行きます。

一番最初のお手紙をヒントに、
お母さんは、9つのすべてのお手紙を探します。

最後のお手紙を開くと、
ポストの中にプレゼントが入っていました!

この日は、まみこちゃんの両親の10回目の結婚記念日だったのです♪

さらに、この9つのお手紙には、
両親の結婚記念日を祝うための秘密が隠されていました。

この秘密を見た途端、多くの子どもたちは、
まみこちゃんのお手紙を真似したくなるように感じました。

この絵本を読むことで、
多くのことを親子で学べます。

とりわけ、私は、次の3つが重要だと感じています。

◆「両親の結婚記念日を祝うこと」
→夫婦仲がいい証ですので、子どもの心の発達を促します。

◆工夫をして楽しみながらお祝いすること
→自分自身が楽しむとそれが相手に伝わるので、
自分が楽しむことは重要です☆

◆「知恵を働かせて相手を喜ばせること」
→お金をかけるのではなく、知恵を働かせることで、
脳にいい影響があります。

子どもの脳と心の発達を促したいとお考えの親御さんにお勧めの絵本です♪

・・・・と、難しいことを書いてしまいましたが、
何も考えずに絵本をそのまま親子で読むことで、
思わず真似したくなる、
楽しく記念日をお祝いするお手紙について描かれていますので、
ぜひお読みください♪

————————————————-
■『きょうはなんのひ?』■

瀬田貞二作
林明子絵

1979年8月発行

福音館書店

<アマゾンで購入したい方>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4834007529/ikuji04-22/

<楽天ブックスで購入したい方>
http://bit.ly/yl40KB

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。