妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『ヤクーバとライオン (1) 勇気』,ティエリー・デデュー(著) ,柳田 邦男(翻)

ヤクーバとライオン (1) 勇気表紙
  • 作:ティエリー・デデュー
  • 訳:柳田 邦男

子育てにおける親の『勇気』って・・・

早いスピードで社会の情勢が変わったり、大きな災害を経験したりして、
私達は、状況や価値観の変化に柔軟に対応することが、
特に必要な時代を生きているのかもしれないように感じますが、
いかがでしょうか。

そして、その時に必要なのは、
周りからの高い評価や賞賛ではなく、
真の勇気や真の幸せなのかもしれません。

子育てにおきかえると、
「他人からどう見られるか」ばかりを考えて子育てをしてしまうと、
子どもの本来の成長を妨げてしまうかもしれません。

心から子どもを受け入れ、
子どもの気持ちに寄り添うことも、
時として大切な親としての勇気だと私は思います。

人生の中には、
困難な問題が起きることがあります。

それは、戦争や紛争やいじめや虐待や災害かもしれません。

そのような際に、
暴力や紛争や仕返しや連鎖を引き起こす言動を行っても、
解決しないことが多いのです。

それよりも、戦わないこと、
相手を思いやること、
良心に従った行動をすること
など、真の勇気を持つことが、
根本から解決できるために必要です。

「ヤクーバとライオン」の舞台は、アフリカ奥地の村です。

ある年齢になった少年は、
槍でライオンを倒すことによって、
一人前の男と認められ兵士になることができます。

主人公の少年ヤクーバが出会ったのは、傷を負い弱ったライオンでした。

ヤクーバは、ライオンを殺さずに、
「勇気のない男として軽蔑され仲間外れにされること」を選択しました。

ヤクーバは、生きるものの命を守る選択をしたのです。

その結果、ヤクーバは、村外れで牛たちの世話をすることになりましが、
村の牛たちは、二度とライオンに襲われることはありませんでした・・・。

ここまでが【ヤクーバとライオン 1勇気】の内容です。

ヤクーバがライオンを殺していれば、
ライオンたちはヤクーバの村の牛たちを襲い、
その事が原因で、
ヤクーバの村人はライオンを襲い・・・
という、殺し合いの連鎖を、
他の村人は知らないのですが、
ヤクーバの真の勇気が断ったのです。

ここまででも、深い内容の話なのですが、
【ヤクーバとライオン 2信頼】は、
さらに、深い内容となります。
ヤクーバとライオン 2 信頼表紙
人間も動物も飢えて死んでいく飢饉のような状態になり、
ライオンたちは、ヤクーバの村にやってきました。

ヤクーバとあのライオンが戦わなければいけなくなってしまったのです。

この2人(一人と一頭)は、真剣に戦うふりをします。

相手のいのちを守り、信頼を確かめ合い、
深く尊敬しているからです。

●自立した人同士が勇気を持って選択し、行動すること

●真の勇気

●プライドのある行動

この3つについて、感じ、学ぶことができる絵本です。

絵は、モノクロで派手ではありませんが、
臨場感と迫力を感じることができます。

3歳くらいから読み聞かせは可能です。

内容を深く感じられるのは、小学校1年生以降かもしれません。

この内容は、子どもではなく、
大人に是非読んで頂きたいと思います。

◆子どもに真の勇気を伝えたい親御さん

◆勇気を持って行動したい方

◆本当の信頼を学びたい方

などに、お勧めの絵本です。

————————————————-
■【ヤクーバとライオン 1勇気】■

ティエリー・デデュー作
柳田邦男訳

講談社

2008年3月発行

<アマゾンで購入したい方>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4062830124/ikuji04-22/

<楽天ブックスで購入したい方>
http://bit.ly/jCv0Od

※できれば、
【ヤクーバとライオン 2信頼】も、ヤクーバとライオン 2 信頼表紙
併せてお読みくださいね♪

<アマゾンで購入したい方>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4062830167/ikuji04-22/

<楽天ブックスで購入したい方>
http://bit.ly/iLw1Jv

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。