妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『ちずあそび』,吉村 証子(著) ,帆足 次郎(絵)

ちずあそび
  • 作:吉村 証子
  • イラスト:帆足 次郎

【中学校受験対策を乳幼児期から】⇒『ちずあそび』

こんにちは、山口理加です。

小学校5年生の次女の中学受験を考えています。

夏期講習のためのクラス分けテストを受けました。

「なんでかわからないけど、わかった!」
という問題がいくつかありました。

小さい頃から自宅に置いて読んでいる絵本の中で、
自然に身に付いていたことが多かったようです。

社会の「地図」も、そんな問題の1つです。

あらすじ

子どもたちの通学や遊びの行動範囲を絵地図や航空写真,
二万五千分の一の地図などをつかって勉強します。

<Amazon.co.jpより>

子育てワンポイントアドバイス

「お子さんが、将来、小学校・中学校・高校・大学のいずれかの受験をする」
という親御さんは多いのではないでしょうか?

受験勉強をする際に大切なのはどのような事でしょうか?

私の小学5年生の次女が中学受験を考えている事、
長女が高校に入学し、3年後の進路を考えている事、
2人の娘の中学・大学受験の対策で、
塾や予備校の説明会へ何度か行きました。

これまでは、暗記やパターン認識が必要な問題が多かったそうですが、
これからは、「知識+考える力」が必要な問題が多くなるそうです。

そのため、学校で習ったことを単純に暗記する勉強ではなく、
「知識を活用する力」が必要になるようです。

では、「知識を活用する力」は、どうしたら身に付くと思いますか?

聞いたことや見たことを素直に吸収できる乳幼児期や
何度でも繰り返しのできる小学生の頃に、
質の高い絵本をたくさん読んであげることも、
「知識を活用する力」が身に付く1つの方法です。

『ちずあそび』は、
まこと君が住んでいる地域を、
「絵地図」
「地図記号を記載した地図」
「東西南北も記載した地図」
「地図」と「航空写真」
「2万5千分の1 地図」
「5万分の1 地図」
「20万分の1 地図」
のように、色々な形の地図で紹介しています。

同じ地域について、色々な形の地図で紹介すると、
違いが明確にわかります。

しかも、絵本ですので、子どもが興味を持てるような絵と文章です。

『地図の読めない女』のようなタイトルの本がありましたが、
この絵本を小さい時から家庭において何度も読むことで、
性別にかかわらず、地図を読める子、地図に興味を持つ子
に育つ可能性は高いですよね。

『ちずあそび』岩崎書店

吉村証子 著/ 帆足二郎 絵

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4265913016/ikuji04-22/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/1BVpEfB

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。