妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『コーギビルの村まつり』,Tasha Tudor,ターシャ テューダー(著) ,食野 雅子(翻)

コーギビルの村まつり表紙
  • 作:Tasha Tudor,ターシャ テューダー
  • 訳:食野 雅子

【英語を学ぶ前に大切なこととは?】⇒『コーギビルの村まつり』

※この絵本は、1999年にメディアファクトリーから出版されましたが、
メディアファクトリーがKADOKAWAに吸収合併されたため、
2013年にKADOKAWAから再出版されたようです。

メディアファクトリーもKADOKAWAも、
内容は同じです。

レビュ-書かれていて中古品があるのはメディアファクトリー版ですので、
AmazonのURLを下記に記載しますね。

<メディアファクトリー版>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4889919422/ikuji04-22/

吸収合併された後にも出版されているというのは、
良い絵本の証のように思います♪

こんにちは、山口理加です。

あなたは、お子さんをグローバル(世界的)な人に育てたいと思いますか?

もし、育てたいと思うのでしたら、どうしたら良いのでしょうか?

英語や語学を学ぶことは大切かもしれません。

そして、それよりも大切なことは、文化を学ぶことではないでしょうか。

乳幼児期から外国の文化を学ぶために最適なのは絵本です。

アメリカの文化を学べる絵本を1冊紹介します。

あらすじ

アメリカの小さな町や村の最大のイベントは、おまつり。

コーギビル村も例外ではありません。

コーギビルの村まつりでは、
ヤギレースで村じゅうがもり上がります。

コーギ犬のケイレブは、
このレースに向けて、
ヤギのジョセフィーンを何ヵ月もかけて調教してきました。

でも、優勝をねらう猫のエドガー・トムキャットが、
どんなきたない手を使って邪魔してくるかわからないのです…。

子育てワンポイントアドバイス

外国の人とコミュニケーションをする場合、語学力は大切かもしれません。

ただ、その国の人の文化的な背景や習慣を知ることや、
日本人の文化や習慣を紹介できることもとても重要です。

絵本は、絵と物語を通して、
文化や習慣を学ぶことができるツールです。

だから、子どもの頃から外国の絵本に触れることは大切です。

『コーギビルの村まつり』の著者、
ターシャ・テューダーは、アメリカで非常に愛されている絵本作家です。

『コーギビルの村まつり』は、
アメリカの田舎の生活と村祭りの様子を描いた絵本です。

細かい部分まで丁寧に描かれた絵からは、
アメリカの典型的な村祭り、
にぎやかな音、
食べもののにおい、
お祭りの楽しさなどが伝わってきます。

この絵本を読むことで、
アメリカの文化や習慣やお祭りの様子を、
子ども達は味わうことができ、
アメリカに関心を持つ可能性が高くなるのではないでしょうか。

——————————————–
『コーギビルの村まつり』KADOKAWA
ターシャ・テューダー 絵・文
食野 雅子 訳

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4040664027/ikuji04-22/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/1Isy4dM

<メディアファクトリー版>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4889919422/ikuji04-22/

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。