妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『みみかきめいじん』 ,かがくい ひろし(翻)

みみかきめいじん表紙
  • 訳:かがくい ひろし

小さい頃、お母さんの膝で耳かきをしてもらった経験は、ありますか?

耳かきが上手な人に、耳掃除をしてもらうのは、
気持ちが良いですよね!

余談ですが、1歳すぎのお子さんが「キーキー」言う場合には、
耳垢がたまっていることが考えられますので、
耳鼻科で診てもらいますと、大きな耳垢が出る場合が多いようです☆

また、綿棒を使用する際には、
耳の周りの掃除に使用し、耳の穴には綿棒を入れないでください。
なぜならば、耳垢を耳の穴の奥に押し込む可能性があるからです。

お子さんが小さくて耳掃除に自信がない場合には、
定期的に耳鼻科でお掃除をおこなってはいかがでしょうか?

本日紹介する絵本は、みみかき名人の「ひょ・うーたん先生」の元へ、
お客さんがぞくぞくとやってきて、耳かきをするお話です。

私が感じたこの絵本のテーマは、
「耳かきの気持ちよさ」と「相手に合わせることの大切さ」です。

「耳かきの気持ちよさ」については、この絵本を読んでいただければ、
充分に気付いていただけると思いますので、ここでは省略します。

「相手に合わせることの大切さ」というのは、
子育て中の親御さんには、特に大切なことです。

なぜならば、スムーズに行かない方法を何度も行って、
「うまくいかない・・・」と悩んでいる方が多いからです。

でも、子どもの反応や成長に応じて、対応や環境を変えると、
スムーズになることが多いのです。

「ひょ・うーたん先生」が相手に合わせて耳かきを選ぶ姿を、
繰り返し読むことで、親であるあなたは、相手に合わせて選ぶことを無意識に学べます。

また、読んでもらっているお子さんも、
相手や状況に応じて、ベストな選択を行う事を無意識に学べます。

このような経験が、21世紀の世の中で活躍するために必要な能力の
「コミュニケーション能力」を育てるのです。

作者は、「だるまさんが」で有名な、かがくい ひろしさんです。

かがくい ひろしさんは、昨年9月に急逝しました。

私は、彼の作品が大好きで、全ての絵本を持っています。

その中で、特にお勧めなのは、この絵本です。

親子でコミュニケーション能力を身につけたい方にお勧めの絵本です。

みみかきめいじん

かがくい ひろし

講談社

2009年9月発行

【読み聞かせの目安月齢】
◆絵本を300冊以上お持ちのご家庭
1歳6カ月くらいから

◆絵本が299冊以下の家庭
3歳くらいから

<アマゾン>
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4061324101/ikuji04-22/

<楽天ブックス>
http://bit.ly/bjIa0c

※【ご参考】この絵本もおすすめです♪
◆だるまさんが◆
だるまさんが表紙
<アマゾン>
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4893094319/ikuji04-22/

<楽天ブックス>
http://bit.ly/bWpTPN

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。