妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『おこだでませんように』,くすのき しげのり(著) ,石井 聖岳(絵)

おこだでませんように表紙
  • 作:くすのき しげのり
  • イラスト:石井 聖岳

「なんで、こんなことをするのかしら?」
そう思いながらお子さんを叱ってしまう事は、ありませんか?

それは、「きょうだいケンカ」や「いたずら」や
「お友達と仲良くできない事」など、色々な状況の時に、
どの親も感じてしまう事なのかもしれません。

でも、子どもは、親を困らせようとして、そのような行動をするのでしょうか?

いいえ、違いますよね。

子どもは親からほめられたいと思っています。

学校の先生からほめられたいと思っています。

やっぱり、誉められると嬉しいですよね!

この絵本は、学校の先生やお母さんからいつも怒られている、
小学校1年生の「ぼく」が主人公です。

先生やお母さんから誉められたいと思い、
七夕さまの短冊に、ある願い事を書いたところ、
先生やお母さんが心から反省し、
願いを叶えてくれました。

小学校教師の作者が、自分の体験を元に、
子どもにも大人にもわかりやすい言葉で、
子どもの気持ちを伝えてくれるお話です。

この絵本を読むことで、
子どもは、自分の気持ちを代弁してくれる気持ちになり、
大人は、子どもの気持や行動を理解することができます。

娘たちに読み聞かせをしたところ、
5歳と10歳の娘たちの心に響いたようで、
1週間連続で1日数回読んだ絵本です。

昨日、子どもたちと一緒に主人に読んでもらったところ、
主人は、「小学生の頃の俺の気持ちと同じやん!」と言っていました。

子どもを怒りたくないのに、つい怒ってしまうお母さんには、
必読の絵本です。

【この絵本を読んでいただきたい方】
☆男の子をお持ちのお父さん&お母さん
☆「子どもを怒りたくない」と思っているのに、
つい、お子さんを怒ってしまう、お父さん&お母さん
☆感動したい方
☆子どもの気持ちを知りたい方
☆小学校の先生

【読み聞かせの目安月齢】
◆絵本を300冊以上お持ちのご家庭
4才くらいから

◆絵本が299冊以下の家庭
6才くらいから

◆おこだでませんように◆
くすのき しげのり作
石井 聖岳絵 
小学館
2008年7月

<アマゾン>
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4097263293/ikuji04-22/

<楽天ブックス>
http://bit.ly/b4a9Wi

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。