妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『おかねのきもち』,やまもとゆか(著) ,ヨシヤス(絵)

おかねのきもち表紙
  • 作:やまもとゆか
  • イラスト:ヨシヤス

生きていく上で大切な事を、子どもへ、わかりやすく伝えるために、
絵本は最適な教材です。

お金をテーマにしている、良い絵本は、今までありませんでした。

なぜならば、お金の事を語ることができる絵本作家の方がいなかったから、
かもしれません。

この絵本は、株式投資やFX取引をテーマに、執筆や講演を行い、
子ども向けの金銭教育にも携わっている
2児の母親の山本有花さんが、
子どもにもわかる言葉で、お金について書いた絵本です。

この絵本の素晴らしい点は、3つあります。

一つ目は、「本当にお金を大切にするということ」を伝えている点です。

この絵本の主人公は、1円玉のみっけです。

そのみっけを、あみちゃんは、大切に扱ってくれます。

お金を貯めて、貯まったお金を大切にするという概念は、
みんなが持っているかもしれませんが、
1円玉そのものを大切に扱うのは、本当にお金を大切にすること、だと感じます。

余談ですが、子どもは、自分と同じ名前の登場人物が出てくる絵本を読んでもらうと喜びますので、
お子さんのお名前が「あみちゃん」の場合には、是非、読んであげてください(笑)。

二つ目は、「アイデンティティーを持つこと」を表現している点です。

「アイデンティティー」とは、独自性という意味です。
アイデンティティーを持つと、人は自信を持つことができます。

ただの1円玉だった主人公は、
「ぼくは、みっけ。1円玉のみっけだ!」と、気付いた時に、
自信を持つことができました。

三つ目は、「人の役に立つこと」を伝えている点です。

お金の貯め方を伝えている本は、世の中にたくさんありますが、
「お金の使い方」を伝えている本は、ほとんどありません。

人の役に立つお金の使い方を、学ぶことができます。

良い絵本というのは、1つのテーマだけではなく、
複数の事柄を同時に伝えています。

この絵本は、
「本当にお金を大切にするということ」、
「アイデンティティーを持つこと」
「人の役に立つこと」
を、同時に学ぶことができると、私は実感しています。

おかねのきもち

さく やまもと ゆか
え  ヨシヤス
2009年7月 KKベストセラーズ

<アマゾン>
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4584131783/ikuji04-22/

<楽天ブックス>
http://bit.ly/8xzdGD

絵本を300冊未満お持ちのご家庭
5歳くらいから

絵本を300冊以上お持ちのご家庭
3歳くらいから

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。