妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『ありがとうのえほん』,フランソワーズ,Francoise(著) ,なかがわ ちひろ(翻)

ありがとうのえほん表紙
  • 作:フランソワーズ,Francoise
  • 訳:なかがわ ちひろ

おすすめのポイント

手に入れていない物やできなかった事ばかりに焦点を当てて悔やむと、
心が満たされません。

身近にあるものや自分が持っている物に焦点を当て、感謝の気持ちを持つと、
プラスの気持ちで満たされて幸せを感じる事ができます。

感謝の気持ちを持ち、それを口に出して言うことは大切と、分かっている方は多いようですが、
実際にできている方や習慣になっている方は少ないようです。

あなたは、いかがでしょうか?

子どもは、親の言うことは聞きませんが、親のすることや口癖は、しっかりと見聞きしてして真似をします

「『ありがとう』と言いなさい」や「感謝しなさい」と100万回言うよりも、
一見当たり前に感じることや些細に思えることにも、日頃から、親が感謝の気持ちを口に出すことで、子どもも、感謝の気持ちを無意識に学びます。

『感謝の気持ちの持ち方』や『こんな風にありがとうと思えば良いんだ』ということを、親子で学べる絵本です。

余談ですが、先日、
小学校3年生の長女のあかりが、お友達とのトラブルを感じ、私に相談をしました。

Aちゃん、Bちゃん、Cちゃんの仲良し3人組が、あかりの行動について、
※「○○したらいかんとよ〜!」のような、ジャッジをするような内容を伝えてくるそうです。
(博多弁です。標準語は、「○○しては、いけないのよ!」です)

子どもは、学年が上がるにつれて、心の動き(感情)が複雑になって参りますので、
コミュニケーションに関するアドバイスは、言葉を選びながら行っています。

あかりの話をじっくりと聴き、どのように伝えたら良いか冷静に考えました・・・。

Cちゃんは、近所に住んでいますので、あかりが学校を休んだ際に、
プリント類を家まで持ってきてくれます。

そこで、あかりに、「Cちゃんがプリントを持ってきてくれた次の日、
『昨日はプリントを持ってきてくれて、ありがとう』ってちゃんと伝えている?」と、
尋ねました。

あかりは、「言っていない・・」と答えました。

そこで、私は、
「明日学校に行ったら、『あかりが学校を休んだ時に、いつもプリントを持ってきてくれてありがとう』
って、言ってみて♪」と、アドバイスを行いました。

そして、あかりを膝の上に乗せ、この本を読みました。

次の日、学校から帰ってくると、あかりは、「Cちゃんに、『ありがとう』って言ったよ!」と、
嬉しそうに言いました。

そこで、私は、「Cちゃんはどんな風だった?」と尋ねると、
「笑いながら、『また、休んだら持っていくけん!』って言ってくれた!」
と、あかりは答えました。

その日以来、あかりは、お友達とトラブルを感じることが無くなったようです。

AちゃんもBちゃんもCちゃんも、みんな良い子です♪

相談をする方は、自分は被害者、相手は加害者のように感じる事がありますが、
コミュニケーションのすれ違いは、感謝が薄れた際にも起こります。

加害者や被害者ではなく、すれ違いを修正するために、
心を込めて「ありがとう」を伝えることは重要だと感じています。

△▼△▼ありがとうのえほん△▼△▼
フランソワーズ作
なかがわ ちひろ訳   
2005年11月発行
偕成社

<アマゾン>
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4033279504/ikuji04-22/

<楽天ブックス>
http://bit.ly/bwZ3TY

★目安の月例★
※ご自宅に絵本が100冊以下のご家庭※
3歳くらいから

※ご自宅に絵本が100冊以上のご家庭※
1歳くらいから

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。