妊娠中〜6歳(特に3歳まで)のお子様のパパ・ママの子育てを、豊富な実績を元に応援するサイト

『いないいないばあ』,松谷 みよ子(著) ,瀬川 康男(絵)

いないいないばあ
  • 作:松谷 みよ子
  • イラスト:瀬川 康男

【賢い子に育てる絵本】⇒「松谷みよ子あかちゃんの本『いないいないばあ』」

こんにちは、山口理加です。

絵本はいつから読んであげたらよいのでしょうか?

私は、妊娠が判ったらすぐに読み始めることをお勧めしています。
理由は、お母さんの気持ちが安定することでお腹の中の赤ちゃんが安定するからです。

2011年、翻訳絵本を含め、日本の絵本で初めて500万部を突破した、
「松谷みよ子あかちゃんの本『いないいないばあ』」。

生まれてすぐからこの絵本を繰り返し読むと、
賢い子に育ちます。

その理由は・・・

———————————————–

あらすじ

ねこちゃん、くまちゃん、ねずみさん、きつねさん、のんちゃん、
の順番で「いないいないばあ」をしていきます。

———————————————–

子育てワンポイントアドバイス

この絵本をお持ちでしたら、
絵本を開きながら、メールマガジンをお読みくださいね。

発行されてから40年以上たっているのに、
この絵本が愛され続けているのは、なぜでしょうか?

それは、この絵本を読むと赤ちゃんが喜ぶからです。

では、この絵本を読むと赤ちゃんが喜ぶのは、
なぜだと思いますか?

赤ちゃんの特徴に応じた絵本だからです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、
黒色だけを認識し、
次に赤色を認識します。

この絵本の中表紙に出てくるねずみさんは、
赤と黒で描かれています。

また、赤ちゃんが自分で動かせる体の部分は少なく、
一番自由に動かせるのは視線です。

赤ちゃんの頃に視線を動かすことで、
脳は活性化されます。

この絵本では、
「いないいない・・・」までは、向かって左に絵が描いてあり、
「ばあ」で、絵は向かって右に描かれています。

そうすると、赤ちゃんの視線は、
左から右へ動きます。

また、「いないいない・・・」の時は、
ねこ、ねずみ、キツネのしっぽは向かって右側に描かれていますが、
「ばあ」の時に、しっぽは左側に描かれています。

絵本を読んでいる大人の多くはこの違いに気付きません。

でも、絵本を読んでもらっている赤ちゃんは、
この違いにちゃんと気づいています。

このような、一見ささやかに見える違いに毎日触れることで、
赤ちゃんの脳は活性化します。

だから、生まれてすぐからこの絵本を繰り返し読むと、
賢い子に育つのです。

「昭和っぽい」「絵が怖い」と、
親の感性でこの絵本を避けるのは、もったいないことだと思います。

素晴らしい絵本、読み継がれている絵本は、
子どもの感性を豊かに育む工夫がされています。

お子さんが大好きなお父さんやお母さんの声で、
この絵本を読んであげてくださいね♪

———————————————–
「松谷みよ子あかちゃんの本『いないいないばあ』」童心社
瀬川康男 え 

<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4494001015/ikuji04-22/

<楽天ブックスで購入する>
http://bit.ly/1LWZrgo
———————————————–

無料レポートプレゼント

 名


Eメール

ご記入内容をご確認の上、チェックを入れてください
記入内容を確認しました



  

無料レポート+15回のメールセミナーの詳細は、こちらをご覧ください
当サイトで使用している送信フォームはSSLで保護されています。